« 春 来客 | メイン | 東京DIARY »

2014/03/14

三寒四温や春一番や・・・

年度末と消費税増税が重なる月にあわててます。現場も工場も職人さんも納品ラッシュでてんてこ舞い~!せめてお天気だったら事も進みやすいだろうに南風と冷気を交互に連れてくる気まぐれ低気圧。今朝は地震もあったのですね。爆睡中!(笑)

P1200604

P1200607

P1200605

郊外のニュータウン、近所に運動公園やすてきなガーデンの中にあるカフェがあったりと環境に恵まれた地。施主ファミリーがお引越しする頃は、春らんまんの暖かな日差しの季節でしょう。
100キロ北上の現場の帰りには、旬の青さのりをおみやげに仕入れて、車の中を磯の香りいっぱいにして帰ってきました。


□ □ □

東京に送り出す娘にワタシなりの指南をあたえられた一日がありました。そうもくろんだわけでもないのですが、振り返るとそんな日でした。貴重でありがたい・・・出会いが人を成長させてくれるのですねぇ。

bag見にいこ!  そこがスタート。

P1200610


P1200609


菅谷かつひろ BAG展 「可笑しな荷物」 開催中 ~ by WhiteGallery

気の利いた会話も程遠い娘ですが、学校の大先輩お二人に気さくに話し掛けていただいて卒業後の話しや子育てエピソードに笑ったり、展示のバッグ選びに没頭したりの浮遊時間。お気に入りの逸品を手にした後も去りがたく、ランチをお願いするころには、アトリエからムッシュも登場~。バリに飛び立つ前の一仕事を仕上げ中とか。

P1200612


P1200613


スタッフのめぐちゃんが持ってるのを見てから、興味津々だった作家さんのbag。それぞれ、mybestを手中へ♪ しかし、ハタチそこそこでこの形・色に出会えるとは・・・ズルくない?むすめ・・・。

P1200628


スポーティな服に合わせたいとは同意見だけど、スポーティの解釈は全く違うんだろうな。ワタシのbagの呼び名は「目玉焼き」。あこがれの一列入れで中身を詰め詰め♪


午後はキャンセル2名に飛び込んで feel so good !
楽しみにしていた革のレッスン。

P1200615

素材選びから先生にご指南いただき金具使いやステッチ、なんとかワンレッスンで仕上げたブレスレットをつけてご満悦。こちらも学校の大先輩の革の先生、人に教えられるほど物つくりを極めることの奥深さに感動したらしくワンレッスンが名残惜しくもあったり・・・。


夜はワタシだけ申し込んでいたトークショー、さそったら大のりだったので追加で聴講お願いしました。
「ドヌーヴに学ぶ恋愛術」

P1200618

ふだんと変わらないリエさんが、感性豊かに話す大人のオンナの恋愛が娘にどう響いたのか・・・覗き見ることはできないけれど、ここもまたリエさんのような魅力的な女性と触れ合えた経験がこれからの宝物。また、自分のアンテナがキャッチした情報の現場に足を運ぶことも大切! 会場で出会えた方のエネルギーもきっと感じ取ったはず 。


このあとにまた、娘には初の存在感をもって向かい合ってくれる指南者で濃厚な一日をさらに濃く締めくくる。ここはファジーにしとこかな(笑)


この日の出会い・語らい・経験で、ただただ荒波に漕ぎ出す不安ばかりでなく、さし光るひかりにむかっていく自信・根拠を持てたよう・・・。料理のレパートリーも家事も満足に教え込んではいないけど、ワタシなりにここにいるうちに伝えたかったことができた気がする、お蔭様で納得の一日が持てました。みなさん、ほんとにありがとう!